王様の耳はロバの耳

言いたいことをいわないとストレスがたまる。
インターネットはゴミ箱ではないけれど、
ぶつぶつ言わせて欲しいのよ。

とはいえ、なるべく明るい文体で書くことで
きっと見方も明るくなるだろう、と。
口角を上げながらキーボードを叩くのです。

謝恩会


image
講師を務めてる看護専門学校の謝恩会に出席。
担当はー年次だったので、それぞれに成長してるなーと
感慨深いのです。

「先生の授業、覚えてます!」なんて言われると
これでも何か、世の中の役に立てたのかなーと
胸を撫で下ろすのです。

彼(女)らのこれからの人生に
幸多かれ・・・と祈るのでした。

三寒四温

image

自転車を三ヶ月点検(無料)してもらいに行った帰り道、
家の近くの梅の木です。
ちょっとした梅林並みに見事に咲いている畑のー画。

スマホで花か食べ物ばかり撮っているわけですが、
テクニックが身につかず
(学ぼうともしていませんが)
なんかこう上手く撮れなくて残念。

昨日、港南区の認知症予防教室に
ケーブルテレビの取材がありました。
講師としてインタビューを受けましたが、
カメラマン兼インタビュアー
(もしかしたら、番組ではキャスターなのかも)の美人さんから、
「これまでいくつかの認知症予防教室を取材したが、
他と違ってとても明るくにぎやかでびっくりした。
先生は何にポイントを置いているか?」
みたいなことを訊かれたものの、
的外れな言葉しか思いつかないまま
修正も出来ませんでした。

今年もまた花粉症の症状がついに始まってしまった
そんな影響ではないでしょうが、
ファインダー越しに見られているけれど
顔はこちらを向いていないのが何だか気になって、
かと言ってカメラ目線にもなれず・・・、
きっと不自然に映ってるだろうな。

誰かと話してるところを勝手に撮影してくれれば
そんなにかしこまらないのでしょうけど、
インタビューを受けていた他の何人かの方々も
自分を正面からとらえるカメラに
いつもの笑顔は引っ込んでいました。

放送されるものを事前に見せてはくれないようだし、
1時間近く撮影しても、放送されるのは2分程度にまとまるようだから、
まぁ、あきらめましょう。


今日の失恋ソング
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
これはTodd Rundgrenの曲の中で好きな歌ベスト3に入ります。
この手の分数コードが大好きです。
右手は同じ繰り返しなのに、左手のベースラインが変わると
和音に変化が生まれるところとか、
前半と後半は単に水平に移動してるだけとか、
「なるほどね〜」がいっぱい。
タイトル訳は「どっちにしても同じさ」でしょうか?

それにしても、「ファンよ、もっと静かに聴け!」と思う映像です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓





すっかり忘れてた告知 二つ

きゃあ、ライブ告知するの、すっかり忘れてた!
(ってか、ブログ更新すらすっかりしてませんでしたね)
以下に急いでします!

Live at Lujin20150307

3月7日(土)19時半スタート!!!

こんなメンバーです。
ルージンメンバー
あれ、一人多い(笑)

会場のルージンはここです。星マークのとこね。
鶴見駅の近く。途中からでも入れますよ。
演奏しながらしっかり微笑んでお迎えいたします!
ルージン地図


昨日、リハしたんですけど、
今回はいつにも増して「明るく!」がテーマ。
あたくしのへらへら笑いと、
イイダくんのジャンル引き出したくさんのギターフレーズ、
みのちんの一心不乱のリズムキープにご期待ください。


こちら ↑ (音楽)はお仕事というよりライフワークですが、
お仕事に近いけどサークル活動に近いというのが
 ↓ のレクリエーション団体の例会での講師役。
こちらも宣伝しておきます。明後日です!

横浜市レクリーダー協議会(RLY)2014年度2月例会

「笑顔を引きだすレクリエーション支援法」
2015年2月25日(水) 19時〜20時45分
youcan2
昨年10月に「もっと笑顔を引きだす ユーキャンの介護レクリエーション春夏秋冬」を発表した
RLY副理事長・杉浦史晃が講師役を担当します。
今回は特に、高齢期の心理の理解に基づいたレクリエーション支援の展開法や
その工夫、アイデアについて、演習を含めた例会にする予定です。

会員からのリクエストをいただいたので、
デイサービス向けの歌と体操を使ったアイデアについては確実にいくつか紹介します。
レクリエーション支援についての皆様からのお悩みや質問に答えながらの機会にもしたいと思います。
どうぞお気軽にご連絡下さい。

会場:横浜市青少年育成センター 第1研修室
JR・市営地下鉄 「関内」北口徒歩3分。市営地下鉄関内駅の9番出口を出てすぐ。
馬車道「関内ホール地下2階」にあります。
参加費:RLY会員は無料(会員外500円)
定員:50名

<この研修会へのお申し込み、問い合わせは>
Eメール recreation.yokohama@gmail.com

つうことで、これが他団体や事業所からのご依頼だと
完璧にお仕事として取り組むわけですが、
自分が運営に関わっている団体なので(副理事長なもんで)、
ほぼ「ロハ」ながら年に一度は講師役を引き受けています。
参加費もお安くしておりますので、お時間ある方はぜひどうぞ。
終わってからの反省会と称した軽い飲み会もあります。
ぶっちゃけた、さらに突っ込んだ質問とかはこちらでどうぞ(笑)。


さてさて、そんなこんなをしてるうちに
齢は、日々、重なっているわけですけど、
「年」齢っていうわけで、一年にひとつ増える
誕生日が今週中にやってきます。

岡本太郎、桑田圭祐と同じ日なんですよ。
けっこう似てるかも、なんて思いつつ、
会ったこともないわけで、勝手な想像でしかありません。

更年期をうまく乗り切っていきたいものです、はい。


最近見つけた素敵な歌。ギターの音がいいです。ライブでもエレアコじゃないのねぇ・・・。
 ↓
The Amazing 「Circles」

遠い人、近くの人

10代の頃に呪文のように刷りこまれてる歌があります。
くちづさめば詩がスラスラ出てくる歌。

安井かずみ作詞の「よろしく哀愁」by郷ひろみ は
「♪ 会えない時間が愛育てるのさ」と語ります。

一方、「♪ 遠く離れてしまえば愛は終わるといった」
「♪ 愛に終わりがあって心の旅がはじまる」と歌う
チューリップの「心の旅」作詞・財津和夫。

どちらも実体験のない、耳年増な記憶ですけど(笑)、
どちらも切ない感情を呼び起こします。

会いたい人、一緒にいたい人、
ー緒に何かをしたい人、触れていたい人。
恋愛関係にとどまらず、たくさんの人の環の中に
自分がいれたら、それはとても幸せなことでしょう。

え?そんなことない?
自分を発揮出来ていれば他者は必要ない?

そーねー、そういう考えもあるかもね〜。

まぁ、魚座の私は、前者に違いないのですけれど。

それにしても、なんでこんなこと綴ってるんだか・・・。



昨年よく聴いたアルバムその2。
トム・ペティ&ハートブレイカーズのキーボーディスト、ベンモント・テンチの
初ソロアルバムはとてもいいです。

ー番好きな曲はYoutubeで見つかりませんでしたが、
アルバム収録曲を貼っておきますね。

一輪の薔薇から始めよう

image


一昨日だったか、これ一つだけ庭先に咲いているのに気づきました。
あとで写真を撮ろうと思っていたら翌日になってしまい、
そしたら雨が降ってきて、ようやく3日目にして作業完了。

「思いついたらすぐやる」っていうのと
「計画性」ってのが、いくつになっても両立できません...orz

スマホのカメラアプリがいつのまにかアップデートしていて、
操作が若干変わっていたので慌てました。
いろいろなモードを備えているのね。
あたしにしちゃ、なかなかよく撮れたのでは。


年末からの風邪の症状はここへ来てようやく治まってきました。
まったくしつこい風邪です。
ダルかったのでいろんなことがめんどくさく、
そんなわけで年末年始はおとなしく寝ていることが多かったですが、
寝てばかりいても首とか腰とかのおかしいのは治らないので
せっせと動かなくちゃいけないのです。
わかっちゃいるのですが・・・。

5日から外仕事も始まっていますし、
内仕事(講演の資料作ったり、送ったり)もぼちぼち。
確定申告の準備の準備のそのまた準備みたいのもやってます。
いつもバタバタして作業するわけですが、
自分でやってる繰り返しの仕事について
今年こそ効率よく出来るようになりたいと思うのでした。

ブログの更新ももっとマメにしなくっちゃ(反省)


さて、去年一番よく聴いたアルバムは何だったかなぁ?と
思い返していて、思いつくのがいろいろありましたが、
そんななかからYoutubeでいくつか検討して、これを貼り付けましょう。

Joe Henryはアルバム出すごとにハズレがないのですが
2014年のアルバム「Invisible Hour」はホントに良かったです。
想いや思い出を噛み締めるような大人の音楽ですね。
夜に聴くとまた格別です。

Joe Henry - Sign




長〜い風邪

ようやく風邪も治まってきました。
鼻水、喉のガラガラ、微熱が主な症状でした。

最後まで咳は続いて、
そのためか首もおかしくなってしまいました。
すっと回らないだけでなく、
姿勢を変えたり、
寝返りを打とうとしたりするその瞬間に、
ピッとした痛みが走る始末で、
ほとほと困りました。

だいぶ痛みは引いてきましたが、明日、
主治医(羽生くん)に整えてもらいに行けば、
安心して年を越せます。

さて、20日のライブにお越しの皆様、
大変ありがとうございます。
愛娘みぃみぃの登場に皆さんわいてくれて、
プライベートライブ感の濃い回になりましたね。

自分の記録のためにもセットリストを
残しておきます。

(イイダくんと2人で)
01 LOOP
02 QP
03 開運招福(および厄除け&無病息災)
04 月を迎えて
05 向こう側のニセもの
06 それでも人は行く

(のりまきソロ)
07 じゃがいも
08 大切
09 ライブに出掛けよう(新曲)
10 ほほえみ(新曲)
11 選択(新曲)

(再び2人で)
12 これから先のことは
13 未来の記憶
14 醜態
15 ひだまりとくらがり
16 暗闇
17 シンプルまん
18 素敵じゃないか

(アンコール)
19 今頃、君は何をしているんだろう


ライブの度に課題が見えるのですが、
一つ一つ山を越えているように感じるのは
とても嬉しいことです。

欠点は長所の裏返しである部分もありますが、
周りの人からのご指摘を受け入れて、
改善出来るものは改善していくことが、
音楽をより豊かなものにしていくのでしょう。

人はやはり、認めてもらいたいわけですが、
それは不特定な誰かではなくて、
自分の認める特定のその人なんですものね。

今年、宣言したものの出来なかった
記録ブツ(CDとかDVDとか)の発表を
来年はなんとか実現したいと思っています。
自分の行動を楽しみにしてくれる他者が
いてくれるって、なんて幸せなのでしょう。
ほんとにありがたいです。


40年前の音源でも自分にとって初めてのものは
新しいわけですが、なぜか懐かしさも感じます。

冬到来

各地で大雪だとのことですね。
いろんな方々のお顔を思い浮かべながら
ご無事だろうかと思い馳せるのです。

横浜も今夜はずいぶんな冷え込みで、
ついに湯たんぽを引っ張り出しました。
秋が終わったんですね・・・。

今週は火曜日から外に出掛ける仕事がなく、
ほとんど開店休業状態でして、
そんな中で次年度のお仕事のご依頼が複数入るなんて
この上なく嬉しいわけですが、
一方で、日にち感覚がなくなるわー、
なんちゅうことを改めて思い知ります。
(何のゴミの日か、あやふやになる!)

そんな気の抜けたリラックス感を
音楽さんは鋭く察したのか、
次から次ヘと新しい新曲(笑)の種が
にょきにょきと芽を伸ばすのです。
いや〜、近年にない豊作に嬉しい悲鳴を上げてます。

人の脳は7つのことを同時進行出来ると言いますが、
あるいはこれは、考えたくないことからの逃避かも!?とも
薄々気づいてるのを振り払う私。

いずれにしても、堰を切ったように
7曲以上の歌の種が降りて来ちゃってましてね。
それもそれぞれ曲のタイプが違ってて不思議です。
とは言え、同時に湧き出してくる歌詞のテーマは
「出逢い」とか「老化」(泣)とかに絞られちゃうんですけど。

もしかしてこれが結晶性知能の働き?
なんてことも考えたりしつつ、
2週間後に控えたルージンでのライブに
何曲披露出来るかな〜っちゅう期待とは裏腹に
演奏の完成度はどうなることやら〜っちゅう不安も。
漢字2文字シリーズの新作をご披露したいな〜(笑)。

収拾がつかなくなってー兎も得ないなんてイヤだとばかり、
食事も忘れて仕上げる意気込みなのですが、さて。

んで、頭の中でずっと鳴ってるのはこの人たち。

今日のいろいろメモ

ペダルを漕ぎながら感じたこと。
右足はふくらはぎを伸ばすように踏めるのに、
なぜか左足はそれが出来ない。
座り方を変えてみたら、多少ニュアンスを感じ取れるようになった。
「右足の方が短いってこと?」

上大岡近くの地域リハビリ教室でお仕事。
もうすぐ100才になると豪語するおばあさん、
「今日は楽しかったわ〜。いつもは町会長とか、えらそーな人が
つまんない話するのよ。お通夜みたいな顔して!」
ははは。返す言葉見つからず・・・(笑)

焼きそばには、オイスターソースが不可欠だな〜。
寒い時には、片栗粉でトロみをつけるのもベリーグッド。
もやしをしゃきしゃきに出来ないのは未熟だわ。

今年ハマっているのは「オリーブ」。
成城石井で小豆島産のを買ってます。
これとチーズに赤ワインを、食後酒ってか、
タ食の締め括りにいただきます。
プチ贅沢です。

鼻歌で出てきた、ビートルズ「涙の乗車券」
♪She's got a ticket to ri-hide〜♪
次第に♪忘れられないの〜♪
(ピンキーとキラーズ「恋の季節」)
に変わってました。
40年近く、気づきませんでした〜。

子どもの頃、自転車を買ってもらえなかった
ということもあるけれど、この年になって
人生初のチェーンへの油差し体験。
これからもしたことのないことに挑戦(大げさ!)する
自分でいたいと、ちょっとキュンとした。
好奇心捨てるべからず!

越部信義氏逝去・・・。
子どもの頃繰り返し聴いたこの人のリズムが
自分にはずいぶんと刷り込まれている気がしています。
合掌。

ー昨日の学び

今日は冷えますね〜。
横浜はどうやら明日、8度近く気温が上がるようです。

さてー昨日、6時起床でオリンピックセンターへ
運営委員として関わっているレク団体の
セミナーに参加(スタッフ)してきました。

今回のテーマは「フェルデンクライス」。

大学時代に、筋肉は、鍛えるばかりでなく、
次の動作のためのニュートラルな状態でいる
しなやかさが大切である、という「ストレッチング」
(準備体操革命と言っていいでしょう)を体験した私。

その元である様々な「東洋体育」のメソッドのうち、
独学での野口整体(活元運動その他)や操体法、
セミナー体験した竹内敏晴さんのレッスンやそこでの野口体操、
ギターを持って体験したアレクサンダー・テクニークを踏まえての、
今日の「フェルデンクライス」だったのです。

先に挙げた身体法を広めた方々は
すでに鬼籍に入ってしまわれましたが、
日本フェルデンクライス協会会長武井さんの
指導に触れることが出来たのはご縁があったのでしょうね。

年季ってのはこういうことなんだな〜
と勉強になりました。

一方、それじゃダメでしょ!ってことも
生意気にも感じたりして(笑)。
やたらと「〇〇はご存知ですか?」って言うんですね。
それが参加者の無知を責めてることに
大学教授だった人は気づかないのかな〜?

そう言うなら先生、WHOの健康の定義は、
今はその先に進んでますよ!って
ツッコみたくなったりもしました。

今回、最も強く感じたのは
「身体に貞く」by野口三千三氏は
東洋体育全てを包括しているな〜ということ。
つくづく、生前お会いしたかった、
会いに行くべきだったな〜と。

「気づきを導く」というのは
「感じていることを肯定する」ことや
「こわばりがほどける瞬間に敏感になるように、
考えるのではなく、ただただ素直に感じる」
ことなのだなぁ、と思いました。

そしてそれは、難しい顔をしていると
逃げていってしまうものだということを
改めて感じました。
わかったふりをしない、物心のつく前の「天心」を取り戻す、
そういうことでもあるのでしょう。

それはまさに野口整体、ですね。






思い出・・・時々は話をしよう

今日はボブ・ディランを聴きながら、
Nさんへの追悼文をまとめて、
夜には、たぶん一番苦手な「寒い雨の中の外出」をして、
某レク団体の会報作業をしてきました。

不吉な予感や諦めにも似た覚悟というものは、
別れのリハーサル(by小此木啓吾)みたいなもので、
人はそうやって、突然の別れのショックで
自分自身が壊れてしまうのを自衛しているのかもしれません。

幸いなことは、亡くなる寸前まで
笑い合える関係を続けられたことであり、
それを何に感謝すればいいのかと言えば、
Nさんの人柄に、Nさんと出会えたことに感謝して、
それが「ご冥福をお祈りする」ということなのか、と
この齢になって初めて思い到ります。

「のりちゃん、この頃ブログを更新してないけど大丈夫?」
と先日、Sちゃんに言われました。
そんな風に思われたり、まぁ、こちらも
Sちゃんのブログをそんな風にチェックしているわけですが、
直接会って顔を見ながら話せばそれでホッとするものです。
そんな当たり前のことを忘れがちになったり、
忙しさに疎かにしたり、というのに無頓着にならないように、
大切な人との間には、時々、お祭りをしなくちゃいけませんね。
旅でもいいけど。

追悼文を作成していて、
パソコンの中に十数年分のいろいろな会の、出逢いの
写真データが入っていることに驚きました。
事務方を担うことが多いからでしょうね。

思い出なんかに振り返らず前進しなくちゃ、とは思いますが、
時々は思い出と話して、緑あって出会えた人々と
出会えたそのことに感謝したり、涙したりするのも
人間らしいことなのでしょうね。

歌っております!!
ライブ at ルージン
惜しまれつつ終了・・・

2015年12月5日(土)
開演 19時30分
鶴見駅西口 徒歩5分
食べただけ飲んだだけを
お店にお支払い下さい。
良心会計をお約束!
つぶやき(Twitter)
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計:

介護レクについてはこちらからどうぞ
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ