王様の耳はロバの耳

言いたいことをいわないとストレスがたまる。
インターネットはゴミ箱ではないけれど、
ぶつぶつ言わせて欲しいのよ。

とはいえ、なるべく明るい文体で書くことで
きっと見方も明るくなるだろう、と。
口角を上げながらキーボードを叩くのです。

深い時間

君と出逢ったのは
俺が「塀の上のハンプティ・ダンプティ」って歌を作ったちょっと後で、
その後にちょっとしたブランクはがあったけど
その日が互いに印象に残った夜だったのだと思う。

それ以前に顔を見たことはあったけど、
君にしてもたぶん僕と出逢ったのは
あのYさん家の新年会(それがその日、ね)だったって認識だろうと思うんだ。
そうその時に俺は「ハンプティ・ダンプティ」を歌ったんだ。

それからしばらくして、俺はとあるレコード会社のオーディションに受かって
次の展開に期待しつつ、
同じくそのオーディションで合格したバンドのライブに通い始めて、
いたく刺激されて(今でも彼らのファンだもんなぁ・・・)
自分もライブを始めなくちゃって思って、君に声をかけたんだった。

自分は何者なんだろう?
何になりたいんだろう?
このままで終わる(変わらない)?
このままが続く?
なんて思ってたのは、
きっとお互い様だったのだろうね。
二十歳を超えても大人になりきれなかった頃。

君がよく使う「音モダチ」って言葉。
音楽を通じて知り合った、共通の趣味嗜好を持った友だちのこと?
でも、それは人生の友だちなんだろうか?と
君がその言葉を使う度に俺は思うんだよ。

音を合わせてセッションするときは、友だち。
音を合わせない時はその人に興味ない、みたいな
そんな線の引き方が、俺にはちょっと馴染めない。

そうだね。
俺はちょっとでも知り合ったら、もう「友だち」って思ってしまうから
(そしてそのように振る舞うから)、
自分自身の世界に踏み込まれたくない人は
すぐに俺を煙たく思ってしまうんだろう。

めんどくさい人ってか?
それを「いいよ、別にそう思っても」って思ったり、言ったりするのは、
「だからめんどくさいよ、あんたは」ってことになるんだろう。

めんどくさい人バンザイ!
何でもない日おめでとう!!なんである。

その人の専門性やその人らしさを求められて、
それがその人自身もやりたいことで、
双方にとって利益になる関係性はラッキーだよね。
生活費を稼ぐために、本当はしたくないけど仕方ないと思いつつ、
日々の繰り返しのルーティン・ワークをすることを
否定したら100人のうち何人が生活できなくなってしまうのだろう。
しかし、そのルーティン・ワークがその人の専門的な技術になることもあるのだろう。

他者から求められる自分は確かに嬉しいけれど、
他者はあんまり求めてくれない自分自身がやりたいと思ってることを
あきらめきれないバカな野郎は、
人を幸せにするってことをわかってないんだろうかね?
自己中心?

この頃また、何年かに一回、君と語らい続ける夜があって、
そのほとんどが、言ってみれば「互いのBlues」であることに
まぁ、そんなことがない方が良いに決まってるけど、
そういう語らいが出来る誰かがいる(心の友よ〜ってか?)ことには
喜びと感謝を感じているんだよ。

でもさ、俺は何も若い日々の幻に寄り添ってるわけじゃないよ。
互いに歩んできた人生の、うまくいったこと、うまくいかなかったこと、
実はそれで良かったかもしれないこと、仕方ないこと、
あらゆることがないまぜになって、
互いが互いを「頑張ろうぜ」(なんてけして口にはしないけど)
っていう確認をして、また来る明日を生きていけるんだろうと。
それは希望なんだか、楽観なんだか、考えてないんだか(笑)

今日、Oさん(82歳)が言ってた。
Oさんは最近、50年来の友だちを亡くしたんだよ。
まぁ、俺も知ってる人だけど。
60歳を過ぎた頃からはほぼ毎日会ってたみたいなんだけどね、
「『先生、今日も写真眺めながら、早く迎えに来てね』って言ったのよ」
って、笑いながらも遠い目をするんだよ。

人は一人で生きていくんじゃないんだよね。
たくさんの「Blue」を抱えながら(追い払おうとしながら)、
それでその辿り着く先はいったいどこにあるんだろうな?

ま、それがどこにあるかなんて、どうでもいいことだけどさ。

5月28日には毎年センチな気持ちになるんだよ。
もう30年以上も前のことなのに。














バラ

image


外回りのリフォームを職人さんらがしてくれています。
足場を組む時に残してもらったバラが
少しずつ咲き始めました。

「バラがなくちゃ生きていけない」わけですが、
それを育てるためには、幾許かの働きかけ(努力)が
必要だよな〜って
心底、思いますです、はい。

・・・・・・

このところ、ほぼ初体面の方々にお話しする
講座や講演の仕事が続いています。
7月までけっこう忙しく、ありがたいことです。
(その間にライブもやるのはやっぱ無謀かな〜)

聴いてくださっている態度で、
その人のアンケートへの答え(感想)が
予想できてしまうのは
不思議というか残念というか、
私の思い上がりというか・・・。

本人はたぶん無意識なのですが、
他者のアラを探す顔つきになって
話を聴いてしまってる人は
自分で人生を生きにくくしているのにな〜と
つくづく残念に思うと同時に、
そういう内容の話をしてるのに伝わらないのは
私の力不足でもあるなぁ、と。

信頼出来る人がなかなか現われないと感じてる人は、
信頼というものが「まず自分から始まるものだ」ということに
気づけていないのでしょう。

それとも過去の裏切られた記憶が
彼(女)をそうさせてしまうのかもしれません。
いずれにしても悲しい、切ないことに変わりないですが。

今日は認知症予防の講演です。
重いテーマですが、明るく前向きに捉えていただけるように、
ロ角を上げて話すぞ(つもり)の私です。





早起きはいいね!

今年度も4月〜7月(いわゆる前期)の木曜日は早起きして、
神奈川を出て、東京をまたいで、埼玉で1限の授業をして、
午後には千葉で3、4限の授業をして・・・っちゅう
小旅行のような電車移動をしております。

移動の最中に学生の書いた授業のふりかえりへのコメントを書いたりもして、
一日ガーッと仕事に集中する感じなのです。
まー、そんなのはフツーの働く人の姿なんでしょうが、
認知症予防の現場なんかで、「一番楽しそうなのは先生」と言われてしまう私としては、
違った疲れ方をするわけでございます。

晩春の寒さっていうんですか、ここ数日、
体感温度としてものすごく冷え込んでいたからか、
体調も落ちていたのだと思います。
なわけで、昨夜はとっとと寝ようと決めまして。
(っていうか、寝落ちして)
とは言え0時は回っておりましたけれども。

そーしましたら、今朝は5時過ぎにすっきりと目が覚めてしまいまして、ね。
睡眠に必要なのは時間じゃないんですね、深さなんですね〜。
このスッキリ感を大事にしようと、朝風呂に入った後、
せっせと事務作業をいくつもこなしました。

午後は施設スタッフ向けの「対人支援力のスキルアップ講座」に
自転車こいで20分くらいのトコロに出掛けます。
夜には会議なので、なんか元気印の今、久々にブログ更新しております。

ホント、更新しなくてごめんなさいね。
元気でおりますよ、新曲もバンバン出来ております。
(メンバーとのリハーサルはまだ出来てないけどぉ・・・)
ライブは6月28日(土)です。ぜひぜひ来てね〜。

今日、みつけました。
ブライアンウィルソンのハーモニーが美しい!


ワッケワカランことをゆー

突然、何かが降りてきて(泡盛の神か!?)、
究極の活元運動は便座の上でするのだ!と
悟りが開かれてしまったのどす。

う〇こしながら、涙出て、鼻水出て、
身体はユラユラ揺れっぱなし・・・。

うーん、壊れかけてるか、
はたまた再生か。

わっかるかな〜、わかんね―だろうな―。

決められないケチな人の尻を叩いたのは

ホント、今年もすでに4月。
新年度に入ってしまいました。
何かを果たしたか?
常に勉強を続けているか?
レコーディングは進んでいるのか?

なーんてことを考えるのは、節目の時ばかり。

人生の流れ的には(なんだそりゃ?)、
持ち物を減らす方向に行きつつあるんですが、
消費税が上がるってんで、4月以降に買うかもしれないもの
(いえ、きっと買うだろう、買ってしまうだろうもの)を
2月くらいから忙しげにあれこれ買っておりました。
(4月になったので、それももうおしまい。)

こないだのライブで初披露した12弦ギターもその一つ。
初めて(ついに、かな)買ったマーチンが12弦だなんて、
やっぱり俺って変わってるなぁ、と思います。

いつかは手にしたいと思っている
ギブソンJ200なんかにはちょっと手が出ませんでした。
トゥー エクスペンシヴであります。

その他、保存のきくだろう泡盛とかワインとか乾物とか調味料とか、
ちょいとまとめ買いしてしまいました。

実は、モノを買うとき、けっこう躊躇、逡巡する人でして
(決断力に欠けた、決められない人ってことですね (ρ゚∩゚) グスン )、
今回、「なんだぁ、もっと早く買っても良かった!」と思ったものが
けっこうありました。

縁なし眼鏡用のドライバーもそのひとつ。
meganetool

今まではねじが緩むとわざわざお店に行ってたわけですが、
たまたま先日、また緩んできましてね。

でも、アマゾンで
「悲しいとき〜(悲しいとき〜)
 買ったものと同じものを〜(買ったものと同じものを〜) 
 百均ショップで見つけたとき〜(百均ショップで見つけたとき〜)」
ってなコメントもあったので、一応、百均ショップを見に行ってから
売ってないのを確認してようやくポチッた、という・・・。

ワンコインしないものでさえ、こうなのですが、
例外は食材とか外での食事でしょうか、ね。
だからエンゲル係数は高いですよ、はい。

昨日届いた締めくくりは、しりしり器。
shirishiri

春になったので、朝のにんじんジュースを再開したのですが、
それだけのペースだと大量に買ってあるジュース用にんじんがダメになってしまうこともあり、
以前から欲しかったこれをポチッと。

「にんじんしりしり」は常備菜として、泡盛のおいしいアテになってくれることでしょう。
(って、料理次第ですけどね)
これから、きんぴら系の料理をせっせと作ろうと思います。

消費税が上がるのにはもちろん反対です。
食料品や教育費は無税というなら賛成ですけど。
意地でもしばらくは買物を控えてやるぞ!と
思っておる次第でございますが、
買物をしすぎた自分への言い訳かもしれません。
(ええ、きっとそうでしょう。゚ (゚´Д`゚)゜。ウァァァン )

こんな時に限って

最終日ギリギリの確定申告。
久し振りの行列でした、と言っても40分。
1時間以上並んだこともあるもんなー。

イマドキはほとんどの人がスマホを覗き込んでいて、
(そーいうあたしゃ、Wimaxルーターを家に忘れてきてしまい、
メールとかツイッターをチェックすることが出来ず、
あぁ、こんな時に限って・・・)
イライラしているのは子どもが目立ちます。

こんな時に子どもと遊びながら並べる親がステキ!
「アルプス一万尺」やってる母子がー組!
いいぞ―と思いつつ、どーもそーばかりではない現実が
目の前にたくさんあって寂しい限り。

おじさんが遊んであげるっちうわけにもいかず・・・。
(おじさんは子どもと遊びたいのですが、ね(笑))

午後の仕事までの間、自動車免許更新用の写真を撮ってから、
ゆっくり一人ランチして、今、これをメモしています。

隣の60~70歳の女性二人組は、ライスも食べたのに
サラダとパンをおかわりしまくり!
よくしゃべるし。いや―、びっくり。

さて、明日は銀行に行ったり、免許証更新に行く予定。
やっとけるうちにやっとかなくてはね―(意味不明)






お別れ

ライブにご来場くださった皆様、
どうもありがとうございます。

いろんな課題が見えましたが、
気付けたということは、まだ前に進める、
深みを究めていくことが出来るということ。

もっともっと、音楽に愛されたい、
探究心を持ち続けていきたい、
それを表現出来るようになりたいと
想いを新たにしました。

次回、ル―ジンでのライブは
6月28日(土)となりました。
ご予定に入れてくださいね。

さてさて、今日は認知症予防教室の日でした。
現在、隔週実施の教室の講師役を
4ケ所で担っているわけですが、
一番古い所で10年目、次年度には5ヶ所目が
スタートするか、というところ。

認知症予防と銘打っていますが、
認知症にならないようにすることを第一に据えているのではなく、
仲間のなかにいる自分を実感しながら、
人と笑い合う日々を続けよう(取り戻そう)、
人生をあきらめないでいこうという趣旨で進めています。

先々週、「ではまた次回〜」と別れたOさんが
その翌日の朝倒れて、2日後に亡くなってしまいました。
そういうピンピンコロリを多くの方が望んでいる現実もありますが、
残された側にしてみれば、
いつも聴こえる笑い声と軽口が聴こえてこないのは、
ひどく寂しいものです。

Fさんは棺桶に花を入れながら
「私を連れに来てね」と言ったんだとか。

今日は皆でOさんの話をたくさんしましょう、と
イスもお茶も一人分多く用意しました。

皆さんのどなたかが亡くなった時も、
こうやって皆さんを思い出しますから、
どうぞ安心して死んでくださいね、
僕が最初かもしれませんけど(笑)って、ようするに、
人知れず逝ってしまうのではなく、
人の中で生きてこそ、ですよね、ということ。

ま、ボケるとかボケないとか、そういうことでもない、と。
そりゃ、ボケないに越したことはないですケド。

明日行くリハビリ教室のかつてのメンバーのMさん(故人)が、
その日確か花粉症で苦しんでいた僕に別れ際に「お大事ね」と言うので、
「そんな大げさな・・・」って笑ったら
キッと叱られたことがありました。

戦時中、大切な人と別れる時には「さようなら」ではなく、
相手の無事を祈り、また会いましょうという想いを込めて
「お大事に」と言ったものなのだ、と。

今日「ではまた次回、お会いしましょう」と締めくくりながら、
『これが最期ってこともあるんだよなァ』としみじみと思ったのでした。

昨年末、Oさんからいただいた手作りの工作。
image

今週末はルージンへ来てね

ランチは娘とプリンスホテルのブッフェへ。
夜は看護学校の謝恩会でロイヤルパークホテルへ。

明日、何にも食べなくていい気持ちだけど、
ちゃんとお腹は空くのでせふ。

さてさて、土曜日8日は
今年最初のルージンでのライブ。

あなたは来てくれるのかしらん!?
お待ちしておりまする。



2014年3月8日(土)19:30〜
Vo. G.  のりまき
G. イイダくん
Per. みのちん

「スナック ルージン」横浜市鶴見区豊岡5-17
 電話045-575-2025
JR鶴見駅(京浜東北線・鶴見線 西口徒歩5分 京急鶴見でも来られます)
lujinmap

チャージ 食べただけ、飲んだだけ。
ソフトドリンク¥350〜 ビール¥550〜 食事¥600〜

ぜひぜひ、お越し下さいませ。

最後の曲は「愛の水中花」

Iちゃんの奥さん、Mちゃんのお誘いでカラオケへ。

車椅子の彼女が、駐車場から店内まで自力で
辿り着けるカラオケ店を見つけたのだけれど、
夫妻二人ではつまらないので・・・(笑)、
というお誘いだったのでした。

年末、忘年会のつもりが、ようやく実現。
月曜日に呑んだNさん、Yちゃんと5人。

3つ年下のMちゃんが、僕に歌わせようと、
時代のヒット曲を選んでくれるのですが、
高校くらいからもう、ザ・ベストテンとか見なかったから
(洋楽やアルバム・アーティストに興味が向いてた)、
知らないわけではないけど、ほぼ歌えない!
という自分を発見しました。

知ってりゃハモれるんだけどな―。

マニアの受難と言うべきか!?
そんなたいしたもんじゃないわな(笑)

自分の興味と、周囲の人の興味が
全く異なるって、けっこう多いのよね〜。
ま、変わり者なんでしょうね...Orz

近年、気に入ってるTunng。
世間的にどうか?なんて全く関係ない!のさ〜。

呑み仲間

月曜日、会議の後、N会長と呑みに行きました。
Nさんは亡き親父ともこうして呑んだのでしょう。
ただし、親父はネーチャンのいるところへ誘って
カラオケしてたみたいですけど(笑)。
そのNさんも親父の死んだ時の年齢になりました。
僕がこうして会議後に呑むようになったのは
親父が亡くなった後からだから、
のりちゃんはずいぶん呑むようになったと
Nさんは思っているだろうなぁ。

何食べましょうか?と尋ねたら「刺身がいいなあ」と言うので、
いつもの「はなたれ」へ。
三浦半島の地魚や野菜が売りなのですが、
ちょっと遠慮して、
西や南の「寒ブリ」「メダイ」「ひらまさ」を注文。
美味しかったです!

ビール一本を二人で空けた後、Nさんの好きな芋焼酎を
2杯付き合って、3杯目は泡盛。

心筋梗塞、脳卒中と両方やって、軽い失語もあって、
本来ならアルコールを控えさせるべきなのかもしれませんが、
呑めるうちは元気だし、
介護している奥さんより先に死ぬつもりもないだろうから、と
高をくくっているのです。

「こうすると腕が痛いんだ、回らないんだ」と言うので、
ちょこっと操体してあげたら
「あれ?動く!?」ってなことになったからか、
いろいろとリハビリの話をしたからか、
これまで何度も一緒にご飯を食べたことがあるけれど、
初めて奢っていただきまして、あれ?どうした?と
そっちの方が何か気にかかります(笑)。


今夜みたいな冷える日に似合う





歌っております!!
ライブ at ルージン
惜しまれつつ終了・・・

2015年12月5日(土)
開演 19時30分
鶴見駅西口 徒歩5分
食べただけ飲んだだけを
お店にお支払い下さい。
良心会計をお約束!
つぶやき(Twitter)
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計:

介護レクについてはこちらからどうぞ
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ